忍者ブログ
徹底的にレビューします。
09≪ 2018.10|12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫11
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

《ジンバブエ》ショナ族のムビラ2 アフリカン・ミュージックの真髄2《ジンバブエ》ショナ族のムビラ2 アフリカン・ミュージックの真髄2
民族音楽
ワーナーミュージック・ジャパン
発売日 2001-02-07




アフリカ南東部音楽の素晴らしさがつまった作品 2005-08-16
ポール・バーリナーによる1977年ジンバブエの録音。
ムビラという楽器をご存知だろうか。
ムビラはマリンバの元になった楽器で、マリンバと同様
金属片が複数並列に並べられており、それを指で弾いて演奏する。
主に、アフリカ南東部を中心に多く見られる楽器で
アフリカ西部が膜鳴打楽器を中心とするのと対照をなす。
このムビラとガラガラと呼ばれるひょうたん製の楽器を用い
本作品の基本的な音は構成されている。
一見単純そうに見えるこの音が非常におもしろく
引き込まれてしまうのは、その特徴的なリズム手法ゆえだろう。
ここでは3拍子12拍のリズムを
16分音符4×3と、16分音符3×4の2つのリズムを
同時に進行させていく。異なる進行の音が絡み合い、
最小公倍数である12拍の時の共鳴でほっとする。
この一見単純なリズムの合成により
得もいえぬ心地良い音が作られているのだ。
アフリカ南東部で最も芸術に秀でた民族といわれるショナ族の音。
西洋音楽の単一リズムに飽きた方には新鮮に感じられるだろう。


さらに詳しい情報はコチラ≫


PR

Copyright © もてる音楽レビューレビュー。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Template by Ninja☆BT.
忍者ブログ [PR]
スポンサードリンク
商品一覧
お勧め商品
○○ama○○
--------------------