忍者ブログ
徹底的にレビューします。
06≪ 2018.07|12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫08
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

レッツ・ゴー「運命」レッツ・ゴー「運命」
寺内タケシ
キングレコード
発売日 1995-11-22




寺サン! 2005-09-09
 1960年代半ば、ビートルズに代表される欧米のロックは世界中の若者に衝撃を与えた。しかし、当時の日本の体制側はエレキギターを持った若者が余程、脅威にうつったのか、これを徹底的に弾圧。今では信じられない話であるが、フォーリーブス(当時のアイドルグループ…今ではジャニーズがこれに相当か!?)のコンサートへ行った高校生が停学になったというから驚きである。
 そのようなエレキ弾圧の風潮に真っ向から立ち向かい、ブチ切れた寺サンが1967年9月に発表したのが本作である。世間がいう良識派とやら、自称教育的指導者とやらに「ほーら、頭の固いお前らの好きそうな音楽とやらをエレキで弾いてやったぞ」と言わんばかり、クラシックの名曲群をエレキギターでハードプレイ!日本で初めて使用されたというファズギターの音の歪みは寺サンの怒り。大衆のいう良識とやらに冷や水を浴びせ掛ける。そう、このアルバムの根底には熱いパンク魂が根付いている!
 現在の日本のポピュラーミュージックのメイン・ストリームはギターサウンドなしに語ることは不可能であり、ライヴハウスや学園祭で気軽にロックが演奏され、世間一般大衆も当たり前のようにそれを享受し楽しんでいるが、それは寺サンや加山雄三のようなエレキ黎明期のアーティストによる闘争の歴史の上に成し得たとういうことを我々は決して忘れてはならないのである。


さらに詳しい情報はコチラ≫


PR

Copyright © もてる音楽レビューレビュー。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Template by Ninja☆BT.
忍者ブログ [PR]
スポンサードリンク
商品一覧
お勧め商品
○○ama○○
--------------------